本文へスキップ

鉄欠乏性貧血・再生不良性貧血・溶血性貧血・悪性貧血・妊娠貧血・脳貧血など、幅広い貧血の原因・症状・検査・治療・食事をサポート!

鉄欠乏性貧血の原因


鉄欠乏性貧血は貧血全体の7割を占める

 鉄欠乏性貧血は赤血球の主原料となる鉄が不足することで起こる貧血です。貧血全体の7割を占めており最も頻度の高い貧血ですが、治りやすい貧血でもあります。鉄欠乏性貧血の原因としては以下の事が考えられます。

鉄欠乏性貧血の原因@ 食生活での鉄不足

 成人男性や閉経後の女性が1日に必要とする鉄の量は1mgです。しかし、食事から鉄分を摂っても消化管からの鉄吸収率が10%なので、1日の食事では10mgの鉄を摂らなければなりません。さらに、
成長期(14〜16歳)の男性や生理のある女性は12mg、妊婦さんは18mgくらいの鉄が必要になります。

 一般的には1000kcalあたりの食事に6mgの鉄分が含まれており、2000kcalでは12mgの鉄となりますが、生理による出血や妊娠中はどうしても不足がちになってしまいます。
時期によって違う!1日に必要な鉄分とは

鉄欠乏性貧血の原因A 鉄がうまく吸収できない

 食事に含まれる鉄分は消化され十二指腸から吸収されます。
健康な人の鉄吸収率は10%ほどですが、消化器の病気などで鉄の吸収がうまく行われない事があります。また胃を切除すると胃酸の分泌が行われないため、鉄の溶けにくくなり吸収率が悪くなります。


鉄欠乏性貧血の原因B 慢性的な出血

 慢性的な出血とは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、大腸がんなどの消化管の疾患や子宮筋腫などにより継続的に少しずつ出血していることをいいます。少しずつの出血であるため気づかずに血液を失っている事になります。
この慢性的な出血は鉄欠乏性貧血の原因として最も多いもので、体内の鉄の損失に直結しています。

 生理も毎月の出血であるので、この慢性的な出血に当てはまります。
生理では月当たり平均40mLの出血があり、鉄として20mgの損失になります。

 
生理のない成人男性や閉経後の女性が鉄欠乏性貧血になった場合は、何らかの病気によって出血が起こっている可能性が高く、病院で検査を受けてみる事をお勧めします。




鉄不足を改善する生活

鉄欠乏性貧血の症状

鉄が欠乏すると全身に貧血症状が現れる

 人間の体には全部で約4gほどの鉄が存在しますが、2/3は血液の中にあり、残りは肝臓や脾臓などに蓄えられています。また一部は皮膚や粘膜の組織内にあります。

 通常は食事から得られる鉄量と排泄する鉄量のバランスがとれていますが、何らかの原因で鉄が不足すると、まず蓄えられた鉄を使用します。そのため、鉄が不足したからといってすぐに貧血の症状は現れません(この状態を隠れ貧血といいます)。

 
貯蔵鉄が完全になくなると全身が貧血となり、貧血の症状が現れ始めます。さらに組織に鉄分がなくなると、爪がスプーン状に反り返ったり、舌の表面がツルツルになるなど鉄欠乏性貧血特有の症状が現れてきます。鉄欠乏性貧血の特徴的な症状として以下のものがあります。

鉄欠乏性貧血の特徴的な症状
  煎餅など硬いものを大量に食べたくなる(異食症)
  爪がスプーン状に反り返る
  舌の表面がツルツルになる
  酸味がしみる
  肌がカサカサになる
  抜け毛や枝毛が多くなる
  口内炎・口角炎になりやすくなる
  食べ物が飲み込みにくくなる



鉄欠乏性貧血の症状解説 異食症

 異食症とは通常食べる事のないものを無性に食べたくなってしまう症状で、鉄欠乏性貧血や心の病などで発症します。鉄欠乏性貧血の場合はバリバリとした食感のもの(氷や硬い煎餅など)を好んで食べる傾向にあり、時には土壁を食べてしまう場合もあります。このような症状は鉄剤を服用して鉄分を摂取すると治まります。


鉄欠乏性貧血の症状解説 爪が変形する

 鉄欠乏性貧血になると血液中の赤い色素が少なくなるため、肌が血色のない白色になったり、ピンク色の爪が白っぽくなったりします。さらに貧血がひどくなると、爪がスプーン上に反り返ったり(さじ状爪)、爪が弱くなることで割れたり、表面がはがれたり、溝状のデコボコになったりします。


鉄欠乏性貧血の症状解説 味覚変化や嚥下障害

 舌の表面には小さなブツブツがあり、そこには味覚を感じる味蕾(みらい)があります。鉄欠乏性貧血がひどくなると、このブツブツがなくなって舌の表面がツルツルになり、味覚障害が起きることがあります。また、食道の粘膜が萎縮して食道内が狭くなり、食べ物を飲み込みにくくなることもあります。
鉄欠乏性貧血の検査はどうやるの?

鉄欠乏性貧血の治療