鉄欠乏性貧血・再生不良性貧血・溶血性貧血・悪性貧血・妊娠貧血・脳貧血など、幅広い貧血症状をしっかりサポート!
わかりやすい貧血
鉄欠乏性貧血の原因
HOME

 貧血全体の7割を占める鉄欠乏性貧血

 鉄欠乏性貧血は赤血球の主原料となる鉄が不足することで起こる貧血です。貧血全体の7割を占めており最も頻度の高い貧血ですが、治りやすい貧血でもあります。鉄欠乏性貧血の原因としては以下の事が考えられます。


○ 食生活での鉄不足

 成人男性や閉経後の女性が1日に必要とする鉄の量は1mgです。ただし食事から鉄分を摂っても消化管からの鉄吸収率が10%なので、食事から10mgの鉄を摂らなければなりません。さらに成長期(14〜16歳)の男性や生理のある女性は12mg、妊婦さんは18mgくらいの鉄が必要です。
 一般的には1000kcalあたりの食事に6mgの鉄分が含まれており、2000kcalでは12mgの鉄となりますが、生理による出血や妊娠中はどうしても不足がちになってしまいます。


○ 鉄がうまく吸収できない

 食事に含まれる鉄分は消化され十二指腸から吸収されます。健康な人の鉄吸収率は10%ほどですが、消化器の病気などで鉄の吸収がうまく行われない事があります。また胃を切除すると胃酸の分泌が行われないため、鉄の溶けにくくなり吸収率が悪くなります。


○ 慢性的な出血

 慢性的な出血とは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、大腸がんなどの消化管の疾患や子宮筋腫などにより継続的に少しずつ出血していることをいいます。少しずつの出血であるため気づかずに血液を失っている事になります。この慢性的な出血は鉄欠乏性貧血の原因として最も多いもので、鉄の損失に直結しています。生理も毎月の出血であるので、この慢性的な出血に当てはまります。生理では月当たり平均40mLの出血があり、鉄として20mgの損失になります。生理のない成人男性や閉経後の女性が鉄欠乏性貧血になった場合は、何らかの病気によって出血が起こっている可能性が高く、病院で検査を受けてみる事をお勧めします









 


  自宅で簡単に血液検査をしませんか?

  鉄欠乏性貧血の症状

  鉄欠乏性貧血の検査

  鉄欠乏性貧血の治療

  鉄不足を改善する生活習慣

  1日に必要な鉄量は?

  効果的な鉄剤の服用

  鉄剤服用の注意点

  貧血を予防する栄養素
     ・・・ビタミンC
     ・・・ビタミンB12・葉酸
     ・・・動物性タンパク質

  トップページへ


目的・症状別に最適なサプリメント・健康食品が見つかるサプリメント総合情報サイトです!
  サプリのチカラ
 
Copyright(c)2006〜. わかりやすい貧血の知識 All rights reserved