本文へスキップ

幅広い貧血の原因・症状・検査・治療・食事・対処法をしっかりサポート!貧血を理解し、改善・克服していきましょう。

> > 効果的な鉄剤の服用

鉄剤の服用で効果的に鉄分摂取

鉄剤の効果が現れるのは2〜3ヵ月後


 私たちの体に存在する鉄は、70%がヘモグロビンとして存在しており、残り30%は肝臓や脾臓、骨髄などに蓄えられた貯蔵鉄として存在しています。

 体内で鉄が不足した場合はこの貯蔵鉄を使用するためすぐに鉄欠乏性貧血になることはありませんが、不足の状態が続くと貯蔵鉄が枯渇し貧血が起こります。

 貯蔵鉄が枯渇してしまうと食事などで貯蔵鉄を回復する事は難しく、常に貧血が起こりやすい状態になります。そのため、貯蔵鉄が枯渇した鉄欠乏性貧血の治療には鉄剤を使用します。

 鉄剤とは精製した鉄粉を主原料にしたもので、塩化第一鉄やフマル酸第一鉄、クエン酸第一鉄ナトリウムなどの鉄化合物の鉄剤が一般的です。鉄剤には食事の中に含まれる鉄よりもはるかに大量の鉄を含んでおり、しかも吸収されやすいヘム鉄の状態なので、効率よく鉄を摂取する事ができます。


思春期の女性は要注意!


 鉄剤にどんなに鉄分を含んでいても、体内での鉄の吸収は徐々に行われるため、鉄剤の服用は長期に及んでしまいます。一般的に鉄剤の効果が現れるのは、鉄量として1日100〜150mgを2〜3ヶ月服用してからの事です。

 その頃になると肩こりや頭痛といった貧血の症状もすっかり消え、鉄欠乏性貧血は改善されます。しかし貧血の再発を防ぐためにも、さらに3ヶ月ほどは鉄剤を飲み続け、貯蔵鉄量を増やす必要があります。つまり、鉄剤の服用期間は半年ほどと考えておく必要があります。

 この事を知らない場合、鉄剤の服用を開始してもすぐに効果が出ないからといって勝手に服用をやめてしまう人がいます。これではせっかく鉄剤で治る貧血も治らなくなってしまいます。

 しかも鉄剤の服用中止を医師が知らない場合は、その後の治療判断に支障をきたすこともあります。また服用中止とは逆に、貧血を早く治したいからといって鉄剤の服用量を勝手に増やす事も問題です。医師に指示された鉄剤の服用期間と服用量をきちんと守るようにしましょう。

鉄剤服用時に注意することは?




関連記事
鉄欠乏性貧血の原因と症状
鉄欠乏性貧血の検査
貧血検査と数値の見方
鉄欠乏性貧血の治療
鉄分不足を改善する生活習慣
70%以上の貧血は食事で改善できる
1日に必要な鉄分はどれくらい?
鉄分の吸収を助ける栄養は○○!
鉄分摂取に数倍の差!効果的なヘム鉄とは
貧血治療に効果的な鉄剤の服用
鉄剤服用の注意点