本文へスキップ

幅広い貧血の原因・症状・検査・治療・食事・対処法をしっかりサポート!貧血を理解し、改善・克服していきましょう。

> > 貧血になりやすい人

貧血になりやすい人はどんな人?

鉄分を多く必要とする時期がある


 貧血の中で最も多い鉄欠乏性貧血についていえば、鉄欠乏が起きやすい人、特に毎月生理で血液を失う女性が圧倒的になりやすいといえます。一般的に鉄欠乏が起きやすいのは鉄の需要が増大する乳児期から2歳の間、思春期、そして妊娠中です。

 この時期に食事から摂る鉄の量が不足すると、すぐに鉄欠乏になってしまいます。また、鉄分をきちんと摂取していても、過多月経で出血量が多い女性は貧血になりやすく注意が必要です。

生理だけで貧血になるの?

思春期の女性は要注意!


 9〜18歳ごろまでの思春期は体の成長期にあたるので、身長も増え、筋肉や血液量も増え、それだけ鉄が必要になります。その量は成人男性が1日に必要とする鉄量の2〜3倍にもなります。

 このような時期に食事を抜いたり無理なダイエットを行うと、たちまち鉄が不足してしまいます。特に女性は生理が始まる時期ですから、鉄不足に拍車がかかることは避けられません。鉄欠乏性貧血の頻度を見ても、成人女性全体では約10%ですが、中学生女子では20%にもなっています。

貧血の症状はこんなにある!


タンパク質やビタミンも摂らないと貧血になる


 成人女性では無理なダイエットをしている人や、野菜ばかりの偏った食事をしている人、一人暮らしをしている人に貧血が多く見られます。これは朝食を抜いたり、自分好みの偏った食事ばかりすることで、鉄分だけでなく、血液を造るのに必要なタンパク質、ビタミン類などの栄養素が不足してしまうからです。

 家庭の主婦の方も家族の食事には気を使っていても、自分一人の昼食では菓子パンや麺類で済ませてしまうことが多く、これを長年続けることで鉄やビタミン類が不足してしまいます。

 また、健康診断を受ける機会が少ないために、気がつかないうちに貧血が進行していることもあります。貧血を早期に発見するためにも年一回は貧血検査を受けておく事が大切です。

大抵の貧血は食事で改善できる!



関連記事
貧血とは
貧血の症状とは
男性が貧血になったら危険!
3分でわかる貧血の原因
貧血検査と数値の見方
70%以上の貧血は食事で改善できる
生理だけで貧血になる?
妊娠が原因の貧血とは
思春期は貧血になりやすい
消化管出血による貧血は要注意!