本文へスキップ

幅広い貧血の原因・症状・検査・治療・食事・対処法をしっかりサポート!貧血を理解し、改善・克服していきましょう。

> > 消化管出血による貧血

消化管からの出血による貧血

慢性出血は確実に鉄分を失っていく


 鉄欠乏性貧血の原因はさまざまありますが、慢性出血による鉄の損失は鉄欠乏性貧血の大きな原因の1つです。慢性出血とは決して多い出血ではないのですが、継続的に少しずつ出血することをいいます。女性の生理も定期的に出血であるので慢性出血といえます。

 慢性出血で多いのが消化管からの出血です。これは胃腸の潰瘍やガン、胃壁や腸壁の傷、痔などがあって、少しずつ出血が続く事で鉄欠乏性貧血を引き起こします。

 成人男性が1日に必要とする鉄分は1mgですが、1日あたり10mLの出血があるとすると、1日の必要量をはるかに超える5mgの鉄が毎日排泄されている事になります。慢性出血に気付かずこの状態が続くと、慢性的な鉄欠乏性貧血になります。

とてもつらい?それも貧血症状ですよ


男性の貧血は消化管出血の可能性大!


 男性の場合は鉄の収支バランスがとれていて普通は貧血になりません。それにも関わらず鉄欠乏性貧血と診断された場合は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がん、大腸がん、ポリープ、腸憩室(腸壁の弱い部分の粘膜が外側へ拡張する病気)など胃腸の病気が隠れている可能性があります。

 男性は貧血になりにくいため、貧血になっても自分が貧血だと思わないケースがほとんどです。貧血症状が現れたとしても、仕事の疲労のせいにすることもあります。しかし、そうしている間にも確実に鉄は失われていき、ある日突然重度の貧血で倒れ、救急搬送されることもあります。

 体調不良で病院を受診した場合、基本検査として血液検査が行われ、そこで貧血かどうかはすぐにわかります。貧血の症状に当てはまる自覚症状がある場合は、貧血を軽視せず、その陰にある慢性出血を疑って病院を受診するようにしましょう。

本当に貧血?実は病気のことも



関連記事
貧血とは
貧血の症状とは
貧血になりやすい人とは
男性が貧血になったら危険!
3分でわかる貧血の原因
貧血検査と数値の見方
70%以上の貧血は食事で改善できる
生理だけで貧血になる?
妊娠が原因の貧血とは
思春期は貧血になりやすい