本文へスキップ

幅広い貧血の原因・症状・検査・治療・食事・対処法をしっかりサポート!貧血を理解し、改善・克服していきましょう。

> 貧血の日常生活の注意点

貧血の人が日常生活で注意すべき
5つのポイント

 貧血になると体内が酸素欠乏し、全身にさまざまな症状が現れます。貧血である事を忘れて無理をすれば、症状の悪化や予期せぬ事故に遭遇することもあります。貧血の人が知っておくべき日常生活のポイントとは?

目次


日常生活の一般的な注意点とは


 貧血とは赤血球やヘモグロビンが減少した状態をいいます。赤血球は全身に酸素を運ぶ役割をしているため、これが減少することで全身が酸素欠乏状態になり、息切れや動悸、頭痛、めまい、倦怠感、食欲不振などの貧血症状が起こります。

 そのため、日常生活では無理をせず酸素欠乏状態に応じた生活をし、鉄剤や食事などで徐々に貧血の状態を改善していく事が大切です。日常生活では以下の事に注意するようにしましょう。

運動や仕事は無理のない程度に行う


 体を動かすほど、全身の細胞はより酸素を必要とします。貧血状態では酸素を十分に送り届ける事ができないので、全身の細胞が酸素不足に陥り、息切れや動悸などの症状が起こりやすくなります。

 普段から息切れや動悸、めまい、頭痛などの症状がある場合は、これらの症状が起こらない程度を目安に、体の状態に合わせた無理のない生活を送るようにしましょう。疲れないように早めに休憩を取り、睡眠や急速を十分にとることを心掛ける事が大切です。


脳貧血を予防する


 貧血状態では脳への酸素供給が不足しやすく(脳貧血)、急に立ち上がった時や歩いている時に、目の前が真っ暗になりフラフラして倒れたり、一時的に意識を失う事もあります。

 倒れるとケガや打撲、出血をする恐れがあるため、普段から脳貧血が起こらないように注意する事が大切です。脳貧血を予防するには、以下の点に注意しましょう。

  • ベッドから急に起き上がったり、トイレで急に立ち上がったりしないようにしましょう。次の動作に移る前に一呼吸おくようにすることが大切です。例えばベッドから起き上がる際はまず横に座り、めまいなどがなければゆっくりと起き上がりましょう。
  • 手すりなどにつかまり、体を支えながらゆっくりと行動しましょう。


 脳貧血が起こってしまった場合は以下の点に注意しましょう。

  • 症状が軽い場合は、静かにしゃがみこんでじっとしていると、数分で症状が改善します。
  • 頭を低く足を高くして横になると、脳への血流が改善します。その際はベルトなどを緩めるようにしましょう。
  • しばらく意識が戻らない場合は、酸素吸入が必要な場合もあります。


体を温かく保つようにする


 貧血状態になると全身の酸素不足や新陳代謝の低下により、手足や全身が冷たく感じられることがあります。少しでも多く全身の細胞に酸素を供給できるように、全身を温かく保ち血行を保つことが大切です。

 体を温かく保つには、靴下を履く、手足をマッサージする、手足をお湯につける、外出時は一枚多く羽織る、マフラーをするなどが効果的です。

体を清潔に保つようにする


 貧血状態では体の抵抗力が低下しがちです。全身を清潔に保ち、感染を予防するように心掛ける事が大切です。主な注意点として以下のことがあります。

  • 帰宅後や食前などに手洗いをしましょう。
  • 帰宅後や歯磨きのあとにうがいを行い、口の中も清潔にしましょう。
  • 入浴やシャワーは酸素の消費量が多くなるので、ぬるめのお湯で疲れない程度にしましょう。



関連記事
特殊な貧血の注意点
あなたの肩こりは貧血が原因かも
美容の大敵!貧血で髪も肌もパサパサに
貧血の人は運動しないほうがいい?
3分でわかる貧血の原因
貧血の症状とは
貧血検査と数値の見方
70%以上の貧血は食事で改善できる
鉄分の吸収を助ける栄養は○○!
鉄分摂取に数倍の差!効果的なヘム鉄とは